【2022年最新】40代からの沖縄移住で仕事はどうする?をわかりやすく解説します。

「沖縄に移住するために今の沖縄の仕事事情を知りたい」

「沖縄でどうやって仕事をみつければいいのかわからない」

「40代でも沖縄移住で稼いでいけるか不安」

このような疑問をお持ちの方に解説します。

実際、沖縄って「県民の年収が低い」って有名ですよね。

実際に東京と比べてみると、なんと平均年収には250万円近くも差があります。

  • 東京 620.4万円
  • 沖縄 377.3万円

なにも戦略を考えずに、ただ沖縄に移住すると、これだけ損をしてしまう可能性もあるのです。

だからこそきちんと情報を集めて、沖縄で豊かに暮らせるように戦略を練る必要があります。

なぜなら戦略がある人と、そうでない人とでは、沖縄生活の豊かさに大きな差が出るから。

どうせ沖縄で暮らすなら、心豊かに、ストレスフリーで暮らしたくないですか?

 

というわけでこの記事では、2022年の沖縄の仕事事情をわかりやすく解説します。

また、40代でも稼げるおすすめの働き方3選もご紹介いたします。

沖縄移住19年目である私の経験を、徹底的にわかりやすくまとめました

私もネットで色々と調べましたが、ここまで詳しく解説している記事は他にありません。

きっと沖縄であなたにぴったりの働き方が見つかり、楽しい沖縄ライフを満喫できるようになりますよ。

筆者について

この記事を書いている私は2022年で沖縄移住19年目になります。これまで沖縄で2つの会社勤務を経験し、現在は独立して個人でフリーランスとして活動しております。ライフスタイルを自分でデザインできるところまで来た沖縄生活の「ナマ」のお話を、今だから言える沖縄移住の失敗事例や具体的戦略など今までの実体験を踏まえて沖縄の最新情報をお届けします。

 

メディア監修 かみざと

沖縄で豊かに暮らせる人を増やす活動をしています。直近の目標は、沖縄で月商100万円以上のフリーランスを5名以上育てることです。

【実績】
・年商数億円規模企業のマーケター
・年商1000万円規模企業のマーケティング責任者
・年商5000万円規模IT企業の経営者
・月商50万円以上のフリーランスを多数輩出

沖縄の仕事と言えば「観光・サービス」業

「現在の観光・サービス業は一体どんな状況なの?」

「実際に沖縄では観光・サービス業の仕事が多いの?」

そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで現在の沖縄の観光・サービス業について解説します。

 

1. 観光・サービス業は離職者が急増

沖縄を代表する働き先として、観光業の中心でもある「ホテル業」や「レンタカー業」「マリンスポーツ業」などがありますが、ご存知の通り、2022年の現在、コロナの影響で沖縄へ旅行に来る人が激減しています

コロナ前との利用者のギャップは、東京や大阪、北海道、京都などと同様に比較しても日本トップクラスに激減しました。

そのため残念ながら、廃業や閉店などホテルの経営状況はよくありません。

 

実際に、多くの友人たちが離職しました。

パート、アルバイト、派遣だけでなく、正規雇用者もリストラや自主退職で職を失っています。

また、2022年に入って、少しづつ息を吹き返してきてはいるものの、今度は人手がたりず受け入れ体制が整っていない状況です。

 

2. 安すぎる給料と重労働

ホテル業で言えば、足りていないのは、圧倒的に「清掃員」と「レストランのキッチン」です。

「えーそれだったらやりたい!!」と思った方は、これで解決したかもしれません。

ただ現状は、「低単価」「重労働」の現場であり、あまり人気がなくなかなかマッチングしていません

手取りが「10万〜15万円代」という方も結構います。

 

他には、マネジメントができる「総支配人」「料理長」「リーダー」「店長」などの役職者も不足しています。

「観光業は沖縄に必要だけど、身内が働くのはおすすめできない」

そんな少し悲しいニュースも出ています。

「子どもを観光業で働かせたくない」という回答が36.7%で「働かせてみたい」の3倍というデータもあるほど。

引用:沖縄タイムス

 

また、これはホテル業にはあるあるですが、一流を目指す優秀な支配人や料理人などは、さまざまなホテルで経験を積むことがキャリアになります。

そのため、そもそも人手不足気味ですが、今は余計に不足しています。

ほかに沖縄らしい観光業の一つに「レンタカー」業がありますが、こちらは更に深刻です。

コロナ禍でレンタカー業者は大量のレンタカーを手放した為、沖縄では交通手段として必須のレンタカーが足りず、レンタル料金も上がり、それに引き換え「ガソリン価格」も上昇しているのでいま沖縄で社会問題になっています。

 

とはいえ仕事に困るかというとそうではなく、沖縄でも仕事自体はあります。

リアルタイムの話ですが、今沖縄のホテルは自宅療養できない方向けに滞在者を受け入れているところもあります。

そのため実際は結構宿泊者はいるのです。

「INDEED」や沖縄の求人サイト(アグレ)(ジェイウォーム)などを覗いてみてください。

 

ただ、同じ職場でも人気のポジションの「コンシェルジュ」「フロント」などは求人サイトにはほとんどありません。

表にでている「フロント」業の実態は、清掃員やレストランのホールを兼務し、その業務が中心だったります。

やりたい業務がなかなか募集に出ないその理由は、実は採用ルートの違いなんですね。

こちらについては話が長くなりますのでまたの機会に。

 

私は沖縄で飲食サービス業を10年、店長、マネージャー業をやってきました。

ホテル業では、清掃、フロント、支配人、総支配人を5年経験し、観光ホテルの経営も2年やらせて頂きました

また地域の観光協会の理事会などにも参画してきましたので、沖縄の観光情勢を実体験として見てきましたので、それなりに把握していると思います。

ここまで読んでくださった方の中には、もしかして「それでどうやって、仕事をみつければいいの?」と思われたかもしれませんよね。

 

ではどうやって見つけるのか?は後半でお伝えしますね。

その前に、おすすめの方法をご紹介いたしますね。

 

3. スタートは沖縄社会の中に溶け込むこと

私がまずおすすめしているのは沖縄社会の中に溶け込む経験からスタートするという選択です。

私はこれを移住スタートにおすすめします。

 

その理由をお伝えする前にすこしお話をすると、18年前、私は当時30歳の無職で沖縄に移住してきました。

住むところを借りるにも、無職の移住者に貸していただけるところなどありませんでした。

不動産屋さんに相談しても笑われて「やまと(本土)」に帰りなさい!と言われ泣きそうになったのは、いまではいい思い出です。

 

仕方がなく、住む家もないので、荷物でいっぱいのワゴン車で生活するという移住スタートとなりました。

話せば長くなりますので、ここのあたりはまたの機会に

そこで当時、知り合いにご紹介いただいた、飲食店を尋ねると「社員ではなくアルバイトなら採用できるよ。」といわれ、無職の家なきおじさんは、即答で頭をさげて採用いただきました。

時給は620円。。。

当時移住前の神奈川県横浜市では800円以上は普通でしたので、わかっていましたが「これが現実なんだ!」と思ったことはいまでも鮮明に記憶しています。

 

しかし、この経験こそが沖縄の特殊な経済環境の現場を知ることになります。

沖縄で社会の中に溶け込むためにおすすめしているのが沖縄の方の価値観を知ることです。

もちろんいろいろな人がいます。

でもやっぱり、育ってきた文化、環境の違いや傾向はあります。

 

相手を知ることで共存していくすべを身につけること、共に汗をかいて働き、同じ時間を過ごすことで、沖縄での暮らしが豊かになるのです。

移住に失敗している人の多くは、少し恥ずかしがり屋さんが多い沖縄の方を勘違いして沖縄の方に心理的な壁を感じるところにあります。

沖縄移住の最も多い失敗事例です。

 

4. 沖縄移住の注意点

沖縄に移住するには、よりリアルな情報をしっかり知っておいたほうがいいです。

 

ひょっとしたら、この記事を見ているあなたは、沖縄移住に興味があるか、検討をしている人なのかもしれません。

あるいはすでに、よりリアルで具体的な道筋を模索しているのかも。

実際に東京などと比べて仕事の給与水準がどうしても低い沖縄では、どのようにして生活をしていけばいいのでしょうか?

 

移住されてくる多くの方は、ここの具体的な戦略を立てずに勢いで移住してしまいます。

厳しい経済環境の中では、より具体的にあなたのオリジナルロードマップを描いたほうが得策です。

事実、私のまわりの失敗事例を見ると、沖縄の特殊な低賃金社会で暮らす戦略を誤っていました。

 

結論として、あなたには沖縄移住で待っている選択肢は2つしかありません。

  1. 沖縄の生活水準に合わせて生活する
  2. ITを活用してお金に関する悩みを解決し心豊かに暮らす

私はいまでこそ、後者の戦略に気がついて経済的、心の余裕を手にすることができましたが、そこにいたるまでは15年以上の時間がかかりました。

もちろん、価値観は人それぞれですので、どれが正しいという議論をしたいのではありません。

 

しかし両方の選択肢を経験してみてわかったことがあります。

それは自分に嘘をついてまでは生きたくないということです。

移住をしてから経済的に厳しい環境で10年以上働いてきました。

その後、年齢とともに年収が上がっていくことはできましたが「時間」と「心」の余裕が全然ありませんでした。

 

「手に入れたい未来」があまりにも「遠い存在」になっているという、厳しい現実に目をそむけて生きていくことはしたくなかったのです。

だから私は現在、Webライターとして稼ぐことに挑戦し、時間と心の余裕を手に入れようと毎日行動を重ねています。

 

40代でも稼げるおすすめの働き方3選

40代でも稼げるおすすめの働き方は以下の3つです。

  1. ホテルの「宿泊予約業務」を担当する
  2. VIP&富裕層の方が利用する「一棟貸し」の施設で働く
  3. WEBサービス関連の仕事をする

では、沖縄移住を成功させて、私のような40代でもしっかりと稼ぎながら憧れのリゾートライフを楽しめるか?というところですが、その答えはもちろん「YES」です。

ただ「いろいろと工夫できる力を身につけておくといいですよ!」と思いますので、少し解説しますね。

 

1. ホテルの「宿泊予約業務」を担当する

今回「ホテル業」を中心に実態をご紹介してきましたが、その理由は単純に募集の数が多いからです。

ただ、ホテル業は基本はシフト制ですので、みなさんが想像しているよりきつく感じてしまうかもしれません。

その中で、私がいまおすすめするのは「予約業務」の担当者です。

この情報はあまり表には出ていません。

その理由は、「おいしい仕事」だからです。

 

そのため離職者も少ないので案件は少ないのですが、需要はあります

ホテル勤務なのですが、夜勤は基本そんなにありません。

(もちろん、そうではないところもありますが)基本的にパソコンを使った仕事ですので、基本操作を理解すると、サービス業未経験でも年齢に関わらず活躍できます。

残業も他の業種にくらべて圧倒的に少ないです。

 

条件次第ではリモートで50%程度勤務しているような、リモート環境で成り立つ業務が多いのも特徴でもあります。

給与水準も特に低くなく、ホテルの中でも平均以上の給与の人も多くいます。

パソコンにアレルギーが無い方ならおすすめです。

 

2. VIP&富裕層の方が利用する「一棟貸し」の施設で働く

おすすめな理由は以下の通りです。

  1. コロナ禍でも業績がいい施設が多い
  2. 沖縄の方とも一緒に働くことで、価値観や文化的な背景を知ることができる
  3. おすすめの宿泊予約業務のスキルも磨ける環境がある

沖縄では、中長期滞在型のペンション、コテージ、貸別荘などの「一棟貸し」といわれている施設と仕事がとても人気です。

 

年々その数は増えていっています。

その分、雇用のチャンスも広がっています。

勘のいい方ならおわかりかと思いますが、いま「一棟貸し」が人気の理由はまさにコロナの影響です。

また、お忍びでVIPや富裕層の方も非常に多く利用されています。

 

一方、働くスタッフの多くは地元の方も多く、そこで沖縄の方とお互いの価値観や文化に触れていくことができます。

あなたが観光で来ていた沖縄の方に対する印象より、もう一段深い関係を結んでいくことで一生の仲間を作ることが可能になります。

このような施設の場合は、大型リゾートホテルと違い、少数精鋭で運営していくスタイルです。

当たり外れはあるものの、あなたに専門的な経験や知識がなくてもこのような施設で経験を積むと、今後のキャリアを上げたい人はより大きなホテルや観光施設でも役に立つのです。

 

沖縄では転職という概念より、経験値を重要視するところが結構あります。

「沖縄 貸別荘」「沖縄 ペンション」「沖縄 一棟貸し」などで検索して、ぜひ調べてみてください。

たくさんありますよ。

沖縄の観光業全般の知識を幅広く、身につけていくことができるのでおすすめです。

ホテルの「予約業務担当」も、宿泊者のニーズや、フロント業務担当、飲料担当者さんとのコミュニケーションを取ることが大事になってきます。

このようなスキルを身につけられるのも「一棟貸し」の施設で働くメリットなのでおすすめです。

 

また、お客様のご利用単価も高いので割りと給与水準を上げやすい環境ですし、少ないお客様を相手にサービスするので、ゆっくり丁寧に仕事を運ぶ楽しさもあります。

同じ施設でもホール勤務担当社員が、月15万~18万(額面)で給与の施設でも、予約担当社員だと月に20万〜30万(額面)という事例があります。私の友人は月30万もらっています。

おすすめは金額だけではありません。

 

それは、働く労働時間数の違いです。

ホテル業の場合、フロント、飲食サービス、バックオフィスと運営主体によって差はあるものの、その場その場の対応を求められる部門は交代シフト制が中心です。

そのため、残業はどうしても出てしまうことが多くなりがちです。

 

一方、予約担当業務の場合、基本は予約を入れていただくお客様に向けた作業や業務なので、そもそも発生する業務の時間軸が違うのです。

極端な例ですと、ホテルというサービス業で、土日おやすみっていうところもあるのです。

残業も極端に少ないため、自分の時間が取りやすいというメリットが大きいと思います。

というのが世にあまり出てないリアルな現実です。

ぜひ参考になさってください。

 

3. WEBサービス関連の仕事をする

具体的には、WEB制作、エンジニア、WEB広告、メディア運営などで、取引をしている企業で、東京などの首都圏の企業と取引しているところは、給与水準も高く、また福利厚生も充実しているところも数多くあります。

実は、ホテルや観光業とも案外つながっている企業が多く、予約担当スキルに近いスキルだったりします。

こちらも、表に出ている求人情報より、条件のいい職につける方法があります。

それはずばり、クラウドソーシングサイトやビジネスマッチングサービスで仕事を個人で受けていくことです。

 

「ん?どいうこと?」と疑問が出ましたよね。こちらも解説しますね。

こちらの業界は、「その人個人」を気に入ると、自社に正規雇用で採用したいという文化が定着してます。

私は個人でフリーランスとして活動していますが、私の取引しているクライアントさんはみな沖縄県外で、その中には東証一部上場企業様とも取引させていただいており、最新の情報も入手できる恩恵も預かっています。

 

内部事情については、詳しくお話できませんが、より良い仕事を確保するには、その企業さんと「つながる」ということが大事です。

クラウドソーシングサイトやビジネスマッチングサービスから始めてみるのもありだと思います。

企業さんと仲良くなると、仕事や企業を紹介していただく機会も増えてきます。

 

もちろん、あなたの周りに紹介をいただける方がいれば一番いいのですが、相談できる人がいなくても、このような方法で、つながることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

沖縄の移住スタートは、沖縄の社会に溶け込むところからスタートをおすすめしました。

おすすめの施設や分野についてもご紹介しました。

 

沖縄で仕事を見つける裏技的戦略

沖縄で仕事を見つける裏技的な方法は「WEB上で募集をしていない施設にアプローチする」ということです。

気になる施設を見つけたら、GoogleやSNSで「〇〇(施設名) 求人」と検索してみてください。

求人情報サイトに出ていない施設も、求人履歴がサイト上にありますのでそれを拾って、直接DMや電話をしてアプローチするとわりとあっさり面接、採用ということがあります。

 

実は、こちらが最もおすすめの方法で、私もこのようなアプローチをしてくださった方を、数多く採用させていただきました。

リアルタイムで求人募集していない施設が必ずしも求人が間に合っているということではないですよ。

 

以下の理由で求人情報サイトに出ていない場合が結構あります。

  • 採用したいけど、できれば社内から紹介で採用したい
  • 今は間に合っているけど、いい人がいれば採用したい
  • 採用ルートがヘッドハンティングやエージェント(代理人)利用

ぜひ参考になりましたら、積極的にチャレンジしてみてくださいね。

 

沖縄でも経済的に豊かになれる人の特徴

だれもが沖縄移住での生活を楽しくしたいですよね。

しかし、残念ながら現実はそう甘いものではありません。

最初から完璧に理想の未来を手に入れることは、容易ではありません。

あまりに過度に期待しすぎてしまうと、そのギャップに絶えられなくなり、結果移住を諦めてしまいます。

一方で、時間的にも経済的にも心にも余裕を作る人も現実にいます。

 

1. 私はこうやって、経済的に困らない生活を手に入れた

私の場合、現在の行動の意思決定は私自身が行うことができる環境にあります。

働き方も、休み方もすべて、私自身で舵を取れるようになってきました。

 

40代からでも全然行けます!

現に私は、ITスキルを身につけて実践してきました。

これは、会社員時代には得られない幸福感です。

だれのせいでもなく、自分の人生を自分自身で意思決定できる

最高の生き方だと思います。

 

もちろん、そのための努力を今も毎日行っています。

「沖縄は低賃金だから仕方がない」と不安になってばかりいても、理想の沖縄移住生活はやってきません。

私は現在パソコン1台とネット環境だけで、生活できるようになってきました

取引させていただいている企業は、全て沖縄県外にあります。

仕事がなく、給料が低いイメージが強い沖縄ですが、それは一方で正解です。

 

しかし、やり方次第ではお金に困らないで生活できるのも事実としてあります。

40代からでも全然遅くありません

私の場合は、たとえばお休みの日に子供達とちょっと公園に遊びにいく場所が、「美ら海水族館」だったりします。

日本全国の人が、時間を作り、お金をかけて観光しに沖縄にきて楽しみしている、あの「沖縄美ら海水族館」がちょっとお出かけ散歩コースなんです。

 

子供たちはエメラルドグリーンの海しか泳いだ経験がありません

原生林の生い茂る自然豊かな環境で、先週も小川でカワエビを捕まえたりしてました。

勉強も頑張っていますが、青くきれいな空の下で朝から晩までスポーツしたり、遊んでいて真っ黒に日焼けしています。笑

 

なんだか「昭和の匂いがしませんか?」そのような昔は当たり前だった日常が現代はなかなか手に入りません。

しかし、そのような貴重なライフスタイルを、当たり前のように手に入れられるのが沖縄移住生活なのです。

今では本当に移住して良かったと満足しています。

 

2. 沖縄で自由な時間とお金を手に入れてる人とは

沖縄移住で暮らす方々に、このような働き方で楽しいライフスタイルを手に入れている人がいます。

副業を活用し時間の使い方が上手なひとは、先程ご紹介した残業の少ない仕事を選び、空いた時間を活用して、ITスキルで稼いでいます。

実際に、副業が本業の収入を上回っている人もいます。

ITをしっかりと学んで、それを仕事にしていくと時給2,000円以上でも働ける環境になってきます。

 

例えば、「WEBライター」ですと「文字単価」という計算方法があります。

仮に、一文字2円で1時間1,000文字執筆すれば、時給2,000円になります。

もしフルタイムで働けば、1日16,000円の売上になり、20日で320,000円の売上です

そうすると、沖縄県民の平均年収以上は確実に収入を得られるようになるのです

 

もちろん月に30万円の売上が得られるのはただの通過点です

単価を上げ、執筆スピードをさらに高めれば、月商50万円以上も夢ではありません

実際に私の周りでも、1日4時間程度働きあとは自由な時間を満喫して、月100万以上を稼いでいる人も現実にいます。

 

まとめ

というわけで今回は、沖縄移住についてや沖縄の仕事事情について、私の目線で解説させていただきました。

いまこの時代は情報過多で、たくさんの情報に溢れています。

最終的には、ご自身の目で確かめてご自身の判断になってしまいますが、判断材料として少しでもお役に立てていれば幸いです。

ではまた!