【厳選】沖縄のコワーキングスペースおすすめ7選!移住歴19年のWebライターがご紹介

「沖縄でコワーキングスペースを探しているけど、どこがおすすめ?」

「アクセス・雰囲気・環境の良さなど、沖縄のコワーキングスペースの特徴を知りたい!」

最近では沖縄へ移住するフリーランスの方や、ワーケーションをする方が増えており、コワーキングスペースの需要が高まっています。

せっかく仕事をするなら快適でストレスフリーなスペースで取り組みたいところ。

 

しかし、数多くあるコワーキングスペースの中からどこを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そんな方におすすめなコワーキングスペースを、沖縄移住歴19年Webライターの私が厳選して7つご紹介します!

メディア監修 かみざと

沖縄で豊かに暮らせる人を増やす活動をしています。直近の目標は、沖縄で月商100万円以上のフリーランスを5名以上育てることです。

【実績】
・年商数億円規模企業のマーケター
・年商1000万円規模企業のマーケティング責任者
・年商5000万円規模IT企業代表
・月商50万円以上フリーランス多数輩出

コワーキングスペースとは?

そもそもコワーキングスペースとは、どのような施設環境を指すのでしょうか?

ここでは、コワーキングスペースの意味や、レンタルオフィス・シェアオフィスとの違い、沖縄でコワーキングスペースを利用する魅力などについてご説明します。

 

コワーキングスペースとレンタルスオフィスの違い

コワーキングスペースとは、「Co(=共同の、一緒に)」「Working(=働く、仕事をする)」「Space(=場所)」を語源として掛け合わせて作られた言葉で「共同で働く場所」という意味を持ちます。

さまざまな年齢・職種・所属の人たちが空間を共有しながら仕事を行うことができるのが最大の特徴で、気軽に利用する人が増えています。

似た施設として「レンタルオフィス」や「シェアオフィス」もありますよね。

 

レンタルオフィスは、個室などの専用スペースを決められた時間内に契約することで利用できる施設です。

使いたい期間のみ利用する点はコワーキングスペースと共通していますが、利用できるのが契約者のみという点がコワーキングスペースと異なります。

シェアオフィスは、施設内に複数ある個室を、それぞれの利用者が使用するスタイルです。

コワーキングスペースのように、図書館やカフェのようなオープンスペースを複数の利用者が使用するスタイルとは、仕事をする場所や環境が異なります。

 

コワーキングスペースを利用するメリット

コワーキングスペースを利用する最大のメリットといえるのは、何といっても低コストで仕事をする場所を確保できるところです。

通常、オフィスを構えようとすると、賃貸料金以外にも内装工事や通信工事に伴う費用、オフィス機器の購入費、またランニングコストもかかります。

コワーキングスペースは、すでにそれらの環境が整備されているため、工事・設備投資などにかかる時間やコストを大幅に削減できるのです。

 

また、さまざまな人が利用するコワーキングスペースには、オープンスタイルを基本とし利用者同士の交流やコミュニティ形成を重視しているところも多くあります。

異なる業種やキャリアを持つ人との関わりから、情報交換や新たなビジネスやアイデアの創出、ビジネスパートナーとの出会いなど仕事の幅を広げられる可能性があるのも魅力です。

 

 

沖縄でコワーキングスペースを利用する魅力

沖縄でコワーキングスペースを探している人には、移住してフリーランスで仕事をしている方や、ミーティングとして活用したい方など、さまざまな理由があります。

また「ワーケーション」という新しいスタイルを取り入れている方もいるでしょう。

ワーケーションは、「Work(=仕事)」と「Vacation(=休暇)」を組み合わせた言葉で、旅先で観光やリゾートを楽しみながら、仕事も行うという旅のあり方です。

 

美しく輝く海や世界自然遺産にも登録された森や滝など、豊かな自然があふれる沖縄は、まさにワーケーションにぴったりの魅力的な場所。

空港から都心までアクセスがしやすく、自然に囲まれたエリア以外にも歴史や食文化に触れられる観光スポットが身近に多くあるのも沖縄の特徴です。

コワーキングスペースを活用し集中して仕事を終えたあとは、海へ出て自然に癒されたり琉球料理をゆっくり味わったりと、心をリフレッシュする時間をぜひお過ごしください。

 

沖縄でおすすめのコワーキングスペース7選

沖縄にはたくさんのコワーキングスペースがあり、それぞれ素晴らしい特徴があります。

今回は、沖縄移住歴19年目の筆者が本当におすすめするコワーキングスペースを、厳選して7つご紹介します。

 

【中部】沖縄本島でおすすめのコワーキングスペース

筆者は沖縄本島中部に在住しているため、中部のコワーキングスペースをよく利用します。

本当におすすめの場所をご紹介したいので、まずは中部エリアのコワーキングスペースからご案内しますね。

中部エリアのコワーキングスペースに共通しているメリットは、駐車場が広く車でのアクセスがしやすいこと。

なかでも、次の3つを厳選してご紹介します。

  • Gwabe Incubate(ジーウェーブインキュベート)宜野湾
  • ZHYVAGO COFFEE (ジバゴコーヒー)
  • GAKUARU BASE COWORKING(ガクアルベースコワーキング)

 

Gwabe Incubate 宜野湾


(画像:Gwave Cafe HPより)

沖縄県宜野湾市にあるコワーキングスペースで、すぐそばに宜野湾マリーナやぎのわん海浜公園、エメラルドビーチがある海が近くにある施設です。

那覇空港から約13km、車でおよそ35分くらいの距離で、国道58号線経由で道もわかりやすい場所にあります。

一階は広々としたカフェスペースがあり、美味しいドリンクと焼き菓子やサンドなど軽食をいただけます。

 

誰でも入りやすく居心地の良い空間で、パソコンで作業をしている人や商談をしている人、勉強をしている学生さんなど、幅広い年齢層が利用している施設です。

集中して仕事をしたあとは、すぐそばの美しいビーチへ行き癒される、サンセットを眺める…なんて過ごし方もできますよ。

住所 沖縄県宜野湾市宇地泊558-18 宜野湾ベイサイド情報センター
特徴 ・法人登記可(正会員プラン)
・郵便物受取可
・個室なし
・専用駐車場あり(約20台)
設備 ・インターネット
・複合機利用可
・鍵付きロッカー:3,000円/月、300円/日
・会議室:500円/時
料金・利用時間 ・1日会員
施設利用料金:1200円/日
利用時間:9時〜21時・正会員プラン
利用時間:24時間
施設利用料金:12,000円/月
HP情報 https://www.gbic.jp/incubate/

ZHYVAGO COFFEE (ジバゴコーヒー)

観光スポットであるアメリカンビレッジで有名な北谷町美浜にあるZHYVAGO COFFEE は、おしゃれで広々とした店内で美味しいコーヒーはもちろん、スウィーツや食事も楽しめます。

2階はさまざまなタイプのテーブルやカウンター、テラス席などがあり、個人でもグループでもくつろげる空間が広がっていますよ。

私は一人でパソコンを持ち込んでライティングをすることが多いので、2階のカウンター席をよく利用しますが、コーヒーの良い香りに包まれて集中でき仕事もはかどります。

アメリカンビレッジ内にはホテルや飲食店、雑貨やお土産やさん、ライブハウスなど見どころのある店が多く並び、仕事を終えたあとに楽しめるスポットがあるので、ワーケーションの人にもおすすめです。

いち押しポイントは、駐車場に困らないこと。

アメリカンビレッジ内には無料のパーキングがたくさんあるので、車での利用がしやすいです。

週末で混み合っている時でも、真横にある有料パーキングは収容台数も多く、また最初の120分は無料、24時間でも400円とかなりリーズナブル。

日曜日に3時間ほど集中して利用した際には、パーキング料金が100円で済んでかなりお得でしたよ。

住所 沖縄県中頭郡北谷町美浜34-1 Lequプレミア棟1F
特徴 ・アメリカンビレッジ内の無料駐車場利用可能
・個室なし
設備 ・インターネット
・充電器設置
料金・利用時間 ・7:00〜22:00
HP情報 https://shop.zhyvagocoffeeroastery.coffee/

GAKUARU BASE COWORKING

宜野湾市普天間にある「GAKUARU BASE」はコワーキングスペース、カフェ、イベント、スタジオ利用など多目的なスペース利用が可能な場所です。

明るく開放的な空間でくつろぎながら作業に集中ができるだけでなく、さまざまなイベントや発信をしているので、新しいアイディアやクリエイティブな発想も広がります。

歴史ある普天間の街にあり、すぐ近くには地元沖縄の人が初詣で多く訪れる有名な「普天間神宮」がありますよ。

 

古き良き沖縄を感じられる普天間の街は、昼間歩いてもカフェやコーヒーショップ、ジェラード屋さんなどこだわりのお店を楽しめて、仕事の気分転換に街歩きもおすすめです。

専用駐車場はありませんが、近くにはコインパーキングが多くあり、特に市民駐車場は24時間利用しても200円とこちらも良心的な料金です。

住所 沖縄県宜野湾市普天間1-24-5 2F
特徴 ・飲み物、食べ物持ち込み自由
・出入り自由
・近くにおすすめ駐車場あり(宜野湾市民駐車場1日200円)
設備 ・Wifi 無料
・電源利用可
・有償サービスあり(コピー、スキャン、ドリンクなど)
料金・利用時間 ・平日のみ 10:30〜19:00
・土日祝日 複数人での予約は要相談・一般利用
1日:1,100円/2時間:550円・中高校生利用
1日:300円/2時間利用:100円
HP情報 https://gakuarubase.jp/about-gakuaru/

 

【南部】沖縄本島でおすすめのコワーキングスペース

沖縄本島南部には、那覇市を中心として数多くのコワーキングスペースがあります。

那覇空港から浦添市までモノレールが通りアクセスも良く、バスやタクシーの利用でも移動がしやすい距離なので、車がなくても困らないのが特徴です。

ここでは厳選して2つご紹介します。

  • Cafe ONE OR EIGHT(カフェワンオアエイト)
  • howlive タイムスビル店

 

Cafe ONE OR EIGHT

モノレール「おもろまち」駅から徒歩およそ15分、那覇空港から車でおよそ15分の利便性が良い場所にCafe ONE OR EIGHT(カフェ ワンノアエイト)があります。

ここは、19年前に移住した当初から通っており、今でもお世話になっているおすすめの場所です。

多くの人が仕事や勉強をしたり、店内の書籍を読んだりとくつろいで過ごしています。

建物は2階まであり、1階はカウンターに加えてソファー席やテーブル席も多く、2人以上で利用するときにも居心地が良い空間が提供されています。

メニューも豊富で、ドリンクや店内で販売されているパンやスウィーツのほか、ハヤシライスやカレーなど充実した食事はどれも美味しくて迷ってしまいます。

 

2階はカウンター席と、良心的な価格で利用できるレンタルブースがあり、集中して仕事や作業をする時にはかなりおすすめですよ。

何といっても特徴的なのは、店内にたくさん並んでいる書籍や雑誌、新聞など。

まるで図書館のようです。

2杯目以降のドリンクが半額になるサービスもあり、長く過ごしていても歓迎されている雰囲気がとても居心地良くて、大好きな場所です。

住所 沖縄県那覇市おもろまち3-6-14
特徴 ・法人登記可(私書箱住所)

・レンタルブースあり
3時間以内:500円/フリータイム:800円

・専用駐車場あり(35台)
・隣接コインパーキング2時間無料駐車券あり

設備 ・Wifi 無料
・電源利用可
・有償サービスあり(コピー、FAXなど)
料金・利用時間 ・7:00〜22:00(10時まではモーニング)
・定休日 毎月第2火曜日
SNS情報 ​​https://www.instagram.com/cafe_one_or_eight/ 

howlive タイムスビル店

多くのコワーキングスペースがある那覇市内で、特におすすめしたいのが「howlive タイムスビル店」です。

沖縄随一のビジネス街である那覇市久茂地に位置し、徒歩圏内に沖縄県庁、那覇市役所など行政施設があり、国際通りもすぐそばです。

落ち着いた雰囲気の空間で、一時利用のドロップインでも気軽に利用することができ、会員になればコワーキングスペースを24時間365日使えます。

警備員さんが常駐しているため、セキュリティが万全なのも魅力です。

 

ビジネスパーソンが多く活躍している久茂地エリアでは、通常営業している店舗の他にランチ時にはお弁当屋台やキッチンカーが立ち並び「お弁当ストリート」とも呼ばれ賑わっています。

沖縄のお弁当はリーズナブルでおかずたっぷり、ぜひ沖縄グルメとして楽しんでいただきたいです。

もちろん、夜も大いに賑わいを見せる国際通りがすぐ近くなので、そこでも観光や食事を楽しめますよ。

住所 沖縄県那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル2F
特徴 ・法人登記可
・個室あり(シェアオフィス)
・法人プランあり
・ゆいレール県庁前駅すぐ
設備 ・インターネット無料
・ミーティングルームあり
・ラウンジ、ライブラリーあり
・共用設備あり(冷蔵庫、TV会議ブース、複合機、ロッカー)
料金・利用時間 ・平日9:00〜18:00
ドロップイン 275円/15分・貸し会議室 2,750円/30分・入居者は24時間365日利用可能
個室 11万円〜/ 月
デスク 3.85万円/月
HP情報 ​​https://howlive.jp/time-building 

 

【北部】沖縄本島でおすすめのコワーキングスペース

沖縄本島北部エリアは、世界自然遺産に登録された希少な生物が多く棲む豊かな森や、人工的に整備されていない手付かずの自然を残す美しいビーチなど、素晴らしい環境に恵まれた地域です。

そんな北部エリアには、中部とも南部とも違う魅力をもった以下のようなコワーキングスペースがあります。

  • ヤンバルスペース
  • Community Park coconova(コミュニティパーク ココノバ)

 

その中で、何といってもおすすめなのは「ヤンバルスペース」。

この「やんばるメディア」を運営する拠点となっている場所です。

まずはそちらからご紹介させていただきます。

 

ヤンバルスペース

「やんばるメディア」のオーナーでもある神里が「沖縄名護にビジネスの拠点を作る!」という思いから作ったカフェです。

月に1回、フリーランスやITの仕事をしている人たちが集まる作業回を開いており、ビジネスパーソンが情報交換をしたりアイディアを出し合ったりする場所になっています。

「人と人が繋がる場所へ」という想いから各種イベントなども実施しており、月に1回ビーチクリーン活動なども行っているのも特徴です。

さまざまな職種の方とつながりを作れる居場所になっていますよ。

 

筆者も、オーナーが運営する「やんばるエキスパート」でライティングを学び、3ヶ月後にWebライターとしての初めての仕事を受けることができました。

レンタルスペースとして、またシェアカフェやワークショップの場所として、さまざまな活用ができますので、ぜひ一度お越しください。

住所 沖縄県名護市伊差川134-2
特徴 ・無料駐車場あり
・月額定額で店舗利用可
・入会金など初期費用は不要
設備 ・インターネット無料
・ドリンクあり
・電源利用可
・作業スペース15席
料金・利用時間 ・11:00〜17:00(火・水・木・日)
ドロップイン 500円/1時間1DAY利用 1,500円
SNS情報 ​​https://www.instagram.com/yanbaru_space/ 

Community Park coconova

ここはまだ筆者が行ったことがない「これからぜひ行ってみたい!」コワーキングスペースです。

沖縄県内のさまざまなスペースの情報を集めているなかで、その景観やおしゃれな空間、発信している内容に心惹かれ、近いうちに必ず行ってみようと思っている場所です。

 

コワーキングスペースとしての利用のほか、フリーマーケットや音楽のイベント、またヨガやスパイスカレーのスクールもあるそうですよ。

HPに書かれている「偶然の出会いや再会を楽しむ。coconovaは誰もが利用できる公園として開放しています。」というメッセージも素敵です。

興味を持った方は、ぜひ一度足を運んでみてください。

住所 沖縄県名護市宮里1004番地
特徴 ・法人登記可
・ミーティング利用可
設備 ・Wifi無料
・飲み物持込可
料金・利用時間 ・ドロップイン利用
10:00〜19:00(月曜定休)
1時間500円
1日1,300円

・月額会員
個人会員 12,800円
名護会員 7,500円
学生会員 5,000円・法人利用
ワーケーションプラン ※料金は要相談
サテライトオフィスプラン 月額74,000円
バーチャルオフィスプラン 月額11,000円
沖縄県内企業プラン 月額55,000円
HP情報 https://social-design.town/coconova 

 

まとめ

今回は主に沖縄在住のフリーランスの方や、ワーケーションをしに沖縄を訪ねる方に向けて、おすすめのコワーキングスペース情報をお伝えしました。

豊かな自然と観光資源に恵まれた沖縄で、居心地よくストレスフリーな環境で仕事をするのに自分に合ったコワーキングスペース選びは大切です。

これから沖縄移住を考えている、またはワーケーションを増やして行こうと思っている方は、ぜひコミュニティやネットワーク作りの拠点としてヤンバルスペースやんばるエキスパートをご活用ください。

あなたの疑問を一発解決!沖縄移住について詳しく解説!

【移住歴19年の筆者が語る】沖縄移住が最高な理由7つ!成功させる6つのポイントも紹介